読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

撤退

情報系学科所属

SAN NETWARSに行ってきた

SAN NETWARSに行ってきた

自分はこういったワークショップに参加するのは初めてでした. 今までこういったワークショップ系の感想で濃い時間を過ごしたみたいなことを書いている人を見て,そらようござんしたと思うことが多かったわけですが,なるほどこういった時間は濃い時間だと感じられたので参加した意義はとてもあったと思います.

参加した理由

興味のある分野(ここではセキュリティ)についてより深い内容を学びたいと思ったときに,自分で学びを進めていくのは個人差があれど限界があるので,是非その分野を専門とする人の技術的な話を聞いてみたいと思ったからというのが最大の理由であります.

次に,こういった技術についての話が出来るような人と知り合えたらなということで,興味のある人たちが集まる場所に行きたいというのも理由のうちの一つです. しかし,残念ながら今回は運営側の人からは最大限の他受講者との交流の機会を頂いていたにも拘わらず,自分がそれを生かし切れなかったので,この部分については反省点となりました.

感想

まずTimがでかい.みんなもハンバーガー沢山食ってデカくなろうな.

先にも書いてありますが,初日,二日目ともに面白かったので良かったです.

講義では自分の知らないことや疑問に思っていたことを知ることが出来て大変勉強になると共に,面白かったです.やはり,演習で手を動かすのは頭に入ってきて良いですね. あとTwitterでの補足がすごくわかりやすかった(帰って確認してから気がついた)ので"うわ,リアルタイムで見とかなきゃだめだったか!"と若干後悔しました(笑)

二日目のCTFは,自分はオフラインCTF初体験ということでドベになって悲しい思いをしないか心配でしたが,いわゆるCTFとは結構形式が違うらしく普段PCを良く触っていれば序盤はなんとかなるといった感じだったので,自分が考えていたよりは出来てその点については良かったなと思いました. 一方で,負けず嫌いな自分が,"これではまだまだ足りない,今後もっと頑張っていこう!"と思っている面もあります.これは短時間でどうにかなる問題では無いと思うので,少しずつ確実に頑張っていこうと思います. あと,CTFに関してはアンケートにも書いたけど,やはり簡単なフィードバックがあった方が嬉しいなと思いました.(分からなかったものがそのままなのは辛い)

9月1日追記 SANSからメール来て確認してみたら,21位だった.

反省

さっきも書いたけどコミュ障厳禁.

あとは細かい反省になるけど,Windowsマシンが必要ということで旧愛機であるAsusのウルトラブックであるZenbook持ってたら字が細かすぎて目がイカれた.普段USキー使ってるから久々のJPキーで死んでしまった(配布LinuxはUSキーだったからCTF時は全然問題なかったけど). 今度はWindowsVM上で動かせば良いかなと思いましたとさ.

まとめ

つらつら書いてきましたが,端的に言って面白かったので来年もあれば是非申し込みたいと思います. その時も運良く抽選に通れば良いなと今から素行を良くしておく所存でございます.

-もし,来年も通ったら俺,レベル3の問題を解くんだ…-